tender-net情報
入札情報

Tender-Net検索会員ログイン
*新聞と特報(e-flash)のセット購読者向け無料サービスです。

Tender-Net 検索サービス:会員申込

入札特報ログイン

業界の動き
本紙記事から
熊本都市建設業協会青年部会 中山晶弘会長
【インタビュー】
熊本都市建設業協会
青年部会
会長
中山晶弘さん
リンク
NEWS:道路舗装協会が技術講習会(8/10 8:30)
 熊本県道路舗装協会(岩本敏則会長)は3日、熊本市南区城南町の県建設技術センターで、道路技術講習会を開いた。協会員から舗装技術者約60人が参加し、道路の維持管理施策や安全対策、最新のICT舗装技術などを学んだ。
 舗装専門業者としての技術力向上を目的に、毎年実施している継続学習事業(7ユニット)。昨年度は感染症の影響で中止になり、2年ぶりの開催となった。
CCUS 運用開始後、初の黒字(8/10 8:30)
 建設業振興基金がまとめた建設キャリアアップシステム(CCUS)の2021年度決算によると、単年度収支が初めて黒字となった。当初の目標である23年度の黒字化を2年前倒して達成した。登録料の値上げや、技能者と事業者の登録数の伸びが貢献した。
熊建協鹿本が活用体験セミナー(8/9 8:15)
 熊本県建設業協会鹿本支部(松本千秋支部長)は7月29日、小規模土工でのICT活用体験セミナーを実施した。トプコンソキアポジショニングジャパンと建設システム、コンゴー測器が協力。会員企業の代表や主任・監理技術者ら約40人が、ICTの最新技術を学んだ。CPDS認定(6ユニット)講習。
 松本支部長(荒川建設)は「建機が小さく、私たちの現場で活躍すると思う。人手不足の解消や現場監督の負担軽減にも繋がるので、積極的に検討してほしい」と挨拶した。
 鹿北市民センターであった座学では、杭ナビショベルの機能や特長、操作方法、3D施工データの作成・照査、ICT活用工事の発注から工事完成までの流れなどを3時間にわたって学習。その後、近くの土場に移動し、ICT建機に試乗して、側溝の床堀りを体験した。
橋のペーパークラフト公開(8/9 8:15)
 日本橋梁建設協会(橋建協、田和彦会長)は、8月4日の「橋の日」に合わせて橋梁のペーパークラフトモデルをホームページ上で公開した。展開図をダウンロードして紙に印刷し、組み立てることができる。家庭で利用してもらい、橋への関心を高めたい考えだ。
41社に優良工事表彰、熊本市(8/8 8:15)
 熊本市の2022年度優良工事表彰式が7月29日、市役所であり、前年度の市発注工事(予定価格250万円超、672件)で優秀な成績を収めた41社の代表者と技術者に、深水政彦副市長から表彰状が贈られた。
 今回の受賞工事は30件で、このうち6件がJV工事。受賞者数は延べ43社(2社は2件受賞)で、内訳は土木8社、建築5社、電気4社、管5社、舗装4社、水道2社、機械1社、防水5社、造園1社、法面4社、浚渫3社、安全施設1社―となっている。
 受賞者を代表して、竹内工務店の竹内浩二社長は「益々技術の研鑽と品質の向上に努めていく」と感謝の言葉を述べた。
国土技術開発賞 8技術に栄誉(8/8 8:15)
 国土技術研究センター(JICE)と沿岸技術研究センター(CDIT)は8月3日、第24回の国土技術開発賞の表彰式を都内で開いた。最優秀賞には水資源機構と鹿島が開発した「遮水性盛土の総合的な品質管理法」を選んだ。この他、優秀賞2件、入賞4件、創意開発技術賞1件を選定。各技術の開発者に対し表彰状を贈った。
迫間川かわまちづくり工事(8/5 8:15)
 菊池川水系迫間川のかわまちづくり第一期工事が完了した。国土交通省と共同で事業に取り組む菊池市は7月27日、菊池川河川事務所と市の関係者、設計・施工者、地元高校生、地域住民らを招いて現地で川開きを行い、事業の節目を祝った。
 第一期工事は八方建設が担当し、玉祥寺地区の環境整備に取り組んだ。内容は、護岸90b(左右岸)、飛び石40b、階段工などで、左岸には隈府から迫間川に続く階段・散策路が、右岸には階段・スロープなどが造られた。隈府と玉祥寺を繋ぐ40個の飛び石は、菊池高校まちづくり部が「つなぎ石」と命名し、記念碑が設置された。
6月生コン出荷は1・5%減(8/5 8:15)
 全国生コンクリート工業組合連合会と同協同組合連合会がまとめた6月の全国での生コン出荷は前年同月比1・5%減の658万9000立方bで、2カ月ぶりに減少した。
県が応急危険度判定研修(8/4 8:30)
 応急危険度判定の実地研修会が25日、八代市千丁町にある実際の木造建築物を使って開かれた。熊本県主催。デジタルツールによる判定も試行し、その有効性を検証した。
 大規模地震が発生した際に、建物の2次被害を防止し、住民の安全を確保するのが目的。判定士に認定登録している行政職員等の建築技術者14人と県担当者が参加した。
 八代市千丁支所で座学研修があり、判定制度の概要や判定方法を確認。実地研修では、老朽化している旧千丁交番住宅を被災建物に見立てて診断した。
測量業 登録業者が18年連続減(8/4 8:30)
 国土交通省は、2021年度末時点の建設関連業登録業者数を公表した。測量業が0・5%減の1万1576者、建設コンサルタント業が0・1%増の3959者、地質調査業が0・2%減の1268者となった。測量業は03年度以降、18年連続で減少。比較的小規模な企業で減少が目立っている。
|
アートサービス株式会社
KKT住まいの大全集

 ■フェイスブック
弊社facebook「建設探訪」を13年12月2日スタートしました。


 ■google
 ■くまもと建設navi

↓新着サイト↓
天草特産品ショップ
 ■よくある質問
お問合せの前に、こちらをご確認ください
 ■サービスご案内
【TenderNet検索】


【くまもと建設navi】
建設業者のWEBサイトを集めたリンク集です。使い方は簡単、ページ右上部の建設naviメニューから業種を選択するだけ。リンク登録もすぐにできます。

 ■広告募集
Tender-Netではバナー広告を募集しています。
九州防災ポータルサイト
tender-net会員サイト
公示・公告 建築データ 経審結果(P) 県格付 発注予定見通しDL 主要資材価格 新規知事許可業者
入札予告 記事検索 完工高順位 熊本市格付 市町村予算 災害査定箇所 工事動向
入札結果 企業情報 県総合点 公示・公告DL 国予算 指名願い 労務単価
 All right reserved for west japan construction news Co.,Ltd    renewed on 2004/4/8 ACCESS. アクセス累積 Y.アクセス昨日 T.アクセス本日