20社34人を表彰、6社は複数同時受賞 平成26年7月31日〜10月27日新聞掲載
 熊本県は25日、平成26年度「熊本県優良工事等表彰者」を発表した。県が発注した25年度完成工事を対象に審査したもので、25件を優良工事として決定し施工業者20社と現場代理人9人、主任(監理)技術者12人、現場代理人兼主任(監理)技術者13人を表彰した。施工者の技術力を積極的に評価し、他の模範となる特に優良な工事を施工した者を表彰することで、技術と施工意欲の更なる向上を図るとともに、施工者の社会的評価を高め、建設産業の振興に繋げる狙い。18年度からはじめ、25年度までに165件を表彰。今回が9回目となる。
 選考の対象は、県内業者(県内業者のみのJVを含む)が施工した請負金額250万円超、工事成績評定点80点以上(工事特性、創意工夫、法令遵守等を除く各細目別評定点がすべてb評価の評定点以上)の県発注工事。ただし、施工業者が前年度と前々年度に完成した県発注工事で評定点65点未満の工事があった場合や、前々年度当初から表彰日までに監督処分・指名停止措置を受けた場合・建設事故を起こした場合などは除く。
 25年度に完成した県発注工事は約3400件。このうち請負金額が250万円を超え、工事成績評定点80点以上が約700件あり、細目別評定点b以上など対象となる149件について、内容を審査した。
 表彰者の部門ごとの内訳は、農林水産部門8件、土木部門16件、企業局部門1件。発注部局別では、天草地域振興局が9件と最も多く、次いで鹿本地域振興局3件、熊本農政事務所と菊池地域振興局2件。
 表彰された企業のうち、複数同時受賞はセグチ(3件)、荒川建設(2件)、礎(2件)、岩永組(2件)、大塚建設(2件)、緒方建設(2件)で、セグチは2年連続の3件同時受賞となった。連続受賞は開成工業(4年連続)、丸成産業(3年連続)、荒川建設(2年連続)、坂田建設(同)、セグチ(同)、苓陽工業(同)。今回、初めて受賞したのは、天草設備、礎、大塚建設、静岡塗装組、虎口建設、福岡建設―の6社。
 今回受賞した企業のうち、これまでの通算で表彰件数が最も多いのは、セグチと森工業の6件。次いで開成工業の5件、丸成産業、坂田建設、九建、吉田企業の4件、荒川建設、岩永組、緒方建設の3件。
 県庁行政棟新館2階会議室で25日にあった表彰式には、施工業者の代表者と現場代理人・主任(監理)技術者が出席。蒲島郁夫県知事がお祝いの言葉を贈り表彰状を手渡した。
 受賞者を代表して丸成産業の下田信美社長は「今後も、技術を研鑽し地域づくりへの思いも念頭に置きながら励んでいきます。私たち建設業が熊本県の発展に寄与できるよう、ご指導頂くとともに、同じ眼差しを持って歩んでいけることを心より祈念申し上げます」と御礼の言葉を述べた。


お祝いの言葉  熊本県知事 蒲島郁夫
 本日、表彰を受けられた皆様に心からお喜びを申し上げます。建設関係業界の皆様には、本県の社会基盤整備にご協力をいただいており、心から感謝致します。特に一昨年の熊本広域大水害や、今年4月に発生しました鳥インフルエンザ対応においては多大なご協力をいただき、本当にありがとうございます。私も二期目の折り返し点であり、県民の幸せを実感できるくまもとの実現に向けて毎日毎日一生懸命に行っています。そして、この新4カ年戦略の取り組みを加速化し、成果が見えるよう重点的に取り組んでいくことが、今重要な課題だと思っています。
 私のモットーは、「全ての道は熊本に通じる」という考えです。そのことによって将来の道州制の暁には熊本が州都になる、という考えのもとで、全ての道が熊本に通じることを願っています。とりわけ、南九州西回り自動車道や中九州横断道路、九州中央自動車道、熊本天草幹線道路など、幹線道路のネットワークの整備は、とても大事なものです。また、稼げる農林水産業を目指して、農地集約も進めています。この両面において、建設業の皆様には大変お世話になり、そして、ご協力がなければ、この目標を達成することはできません。災害を機に社会資本が持つ防災面が再認識されています。安全安心で快適な生活のため、建設業界になお一層期待しています。
 公共工事の施工にあたっては、確かな品質確保に加え、地域住民との円滑なコミュニケーションや地域貢献等の社会性も求められています。今後とも施工技術、現場管理能力の更なる研鑽に努められ、他の模範となる施工を期待しています。県内の豊富な資源を県民の生活に十分活かせる社会基盤整備を皆さんとともに進めていきたいと思っています。皆様の優れた取り組みは、県民の総幸福量の最大化に繋がるものです。皆様方の更なるご健勝とご活躍を祈念いたしまして、私のお祝いの言葉と致します。本日は誠におめでとうございます。
<14年7月31日号12面>

◇土木部門◇
天草高校女子寮棟その他機械設備工事
村木圭太氏(現場代理人)・田中好幸氏(主任(監理)技術者)
天草設備(株)(天草市)


――施工で気を遣ったことは
 天草高校の女子寮棟と食堂棟の新築工事に伴う機械設備工事で、建築や電気設備などの他の業者さん達との連携が必要でした。建物が出来上がるまでは、屋内設備工事は進められませんので、建物工事と並行して屋外の埋設配管工事を進めるなど、限られた工期での工程の兼ね合いは大変でした。

――創意工夫は
 脚立天板に作業禁止≠ニ書いた張り紙をしたり、配管前のスリーブに脚立が引っかからないように養生板で蓋をして色づけして分かるようにし、安全に対する取り組みだけでなく、その状況を写真におさめて現場に潜む危険を見える化≠キることにも取り組みました。ボランティア活動は、月に1回のペースで、近隣の小学校の通学時間に旗を持って交通誘導をしました。

――初の受賞ですが
 4年前から優良工事に向けて取り組んでおり、今年は工事評点80点以上≠目標に掲げていました。県の基準よりも厳しい社内基準を設けて、屋外の埋設配管や水圧・気密・満水試験、受水槽、室外機の基礎工などの工程毎に品質や出来高などを厳しくチェックしました。全社員が一丸となって今年こそは「表彰を取りたい」という気持ちで取り組んだことが結果に結びついたのではないでしょうか。

――今後の目標は
 田中 表彰後が大変で、今回の施工水準を下回らないように気を引き締めていかなければなりません。
 村木 これから県発注の上天草市の大矢野種苗生産施設の機械設備工事を担当します。特殊な工事になるので、勉強して良い成果を残せるように頑張ります。

【工事概要】
 ▽場所/天草市本渡町本戸馬場1078番4▽概要/衛生器具設備、給水設備、排水設備、給湯設備、ガス設備、空気調和設備、換気設備▽工期/平成25年3月29日〜26年1月31日。
<14年8月21日号3面>

◇企業局部門◇
船津ダムテルハ設備その他塗装工事
渡邊貴志氏(現場代理人)
(株)静岡塗装組(熊本市) 

――足場の設置にご苦労されたそうですね
 ダムの点検・巡視を行うホイストやボートの上げ下げを行う巻き上げ機などテルハ設備の塗装でしたが、H鋼の幅がわずか17aしかなく安定した足場を組み立てるのが大変でした。
 本来なら一気に足場を設置し作業を進めたかったのですが、安全性を確保するため九つある各スパンごとに足場を組みながら順次作業を行いました。
――工事に対するご提案もあったとか
 仕様書では素地調整が、旧塗膜を残す3種ケレンの指示でした。しかし、高所部分のH鋼には予想以上の錆が発生しており、仕上がりの美しさや耐久性などを考慮し、塗膜をすべて取り除く2種ケレン作業を提案しました。
 冬場の作業に加え、ダム湖の影響で湿度も高く塗料が乾きにくい厳しい条件でしたが、なんとか自分でも満足できる仕上がりになりました。
――今後の目標などありますか
 入社14年目になりますが、今回の受賞は本当に驚きましたし、同時に励みにもなります。
現場ごとに作業状況が変わるなど大変な面もありますが、これからも、スムーズに仕事ができるよう綿密な打ち合わせ≠心掛け、職人さんの力も借りながら、担当する一つひとつの現場を安全に終わらせていきたいと思います。

【工事概要】
 ▽場所/下益城郡美里町涌井▽概要/船津ダムテルハ設備塗装280平方b、緑川第二発電所取水口・ドラフト・放水路―の各ゲート巻上機等塗装計468平方b他▽工期/平成25年11月14日〜26年2月28日。
<14年8月25日号3面>

◇土木部門◇
水俣広域公園(親水護岸改修その1)工事他合併
河路博氏(現場代理人・主任〔監理〕技術者)
坂田建設(株)(熊本市) 

――初めての体験で思い出に残った工事のようですね
 天皇陛下が行幸される場所でしたのでとにかく緊張感のある現場でした。公園内には、10数社の施工業者がいましたが、行政主導で連絡協議会が設置されたことでも、その想いがひしひしと伝わってくる。我々は期待に応えることが精一杯。それでも同業他社と良い意味での競争心が芽生えていたことが印象に残っています。
――海岸での施工は苦労も多かったと思うのですが
 施工期間中はずうーっと潮との戦いでした。施工したのは、傷んでいる階段式親水護岸の段鼻部分を無収縮グラウトで構築するのが主な作業です。延長20bを1スパンに幅15a、高さ40aを型枠で施工するんですが、全て手作業。型枠からグラウトが流れると海を汚しますので、スプレー式の固化剤を使って漏れを防ぎました。潮見の作業なので毎日工程が違ってくる。日々、作業員と話し合って、作業時間を調整しなければならず、早朝や夜になることも。工期内に余裕を持って終えることができてホッとしています。
――独自に提案されたことを教えてください
 海を汚さないための工夫は勿論、作業で使った水は産廃に出しました。階段の踏み込み部分を目粗しして、歩行者が滑らない気遣いも行っています。この公園には外国人観光客もしょっちゅう訪れていました。「立入禁止」の看板を、英語、中国語、韓国語で表記し、注意を促しています。
――いつも心がけていることや今後の抱負をお願いします
 基本的にはお客さん(発注者)の気持ちになって仕事をすることでしょうか。前回の受賞(平成21年度・水俣港港湾公害防止対策)がありますし、年齢的にも指導的な立場になっていることを自覚しています。ただ若い人たちには頭ごなしではダメだと感じているところです。今は材料や機械の性能も良いですし、私の若い頃はパソコンなんて無かった時代。若い人を大切に育てながら、新しい創造的な仕事に取り組んでいきたいですね。そんな現場って思い出に残るし、出来た後も愛着がわくじゃないですか。 

【工事概要】
 ▽場所/水俣市汐見町地内▽概要/親水護岸改修・施工延長240b、石張工457平方b▽着工/平成25年2月末▽竣工/25年8月30日。
<14年9月4日号3面>

◇土木部門◇
明治新田海岸海岸高潮対策水門改修(その2)工事
石原健亮氏(現場代理人)・山本真裕氏(主任(監理)技術者)
開成工業(株)(熊本市) 

――評価に繋がったと思われる点は
 現場が八代海に面し、1月からシラスウナギ漁が始まるので、12月末までに水中部の工事を終えなければ漁業関係者に迷惑をかけてしまいます。ゲートの設計・製作には通常4カ月ほどかかり非常に厳しい状況でしたが、綿密にスケジュールを立て、手戻りがないよう入念に作業しました。無事に漁の時期に間に合わせられたことが認められたと思っています。
――ゲートの設置には苦労されたそうですね
 市道橋が真横にあるため、ゲートを分割してパズルのようにはめ込む必要がありました。それでも一つが最大60dもあり、先端が尖っていますので移動中は傾きそうになります。倒れたら大事故に繋がるため、細心の注意を払いました。
――地域や社内の人間関係を大切にしているとか
 通行止め等で住民に迷惑をかけるので、あいさつ回りのほか、周辺の清掃や草刈り、現場近くのゲート3カ所のメンテナンスや補修塗装を実施しました。親しくなった漁師さんにはシラス漁で使う梯子の取付を頼まれ、クレーンで設置しました。
 社内では、各部署の有志でソーラーカー全国大会に参加しました。自社の技術を使って車両を製作し、コミュニケーションとチームワークを高めています。私(山本)がドライバーとなり、参戦2年目で4時間耐久部門の3位に入ったんですよ。
――御社は今回で4年連続5度目の受賞となりますが
 石原 過去の受賞者らからアドバイスしてもらったことが大きな助けとなり、自信がつきました。受賞を糧によりよい仕事に取り組んでいきたいです。
 山本 また受賞したいと意欲が沸いてきます。多くの仲間達にも、この貴重な経験が出来るよう協力していきます。

【工事概要】
 ▽場所/八代市日奈久新開町▽概要/シェルゲート(幅20b×高さ3・8b)扉体端部更新及び水密ゴム交換(1門)、ワイヤーウィンチ式開閉機部品交換、フラップゲート水密ゴム更新(2門)、フラップゲート開閉機更新(2門)、非常用発電機更新(1基)、操作室階段更新(2基)▽工期/平成25年8月9日〜26年3月25日。
<14年9月8日号3面>

◇土木部門◇
長洲港地方港湾改修(社会資本)工事
今田亮一氏(現場代理人・主任〔監理〕技術者)
興亜建設工業(株)(長洲町) 

――有明海ではアサリ漁など漁業が盛んですが
 漁場が近くにあり、掘削による濁水でアサリが死滅する可能性がありましたので、幅約200bの汚濁防止膜を設置し、潮流と潮位を毎日チェックしながら慎重に作業しました。フェリーの航路もありますし、9月からは海苔の養殖が始まります。関係者との調整が苦労した点でしょうか。
 また、ブロックの製作から据え付けまでの期間が短かったので、環境配慮への取り組みとして、ネティス登録技術の環境活性コンクリートを採用しました。生コン車に植物由来のアミノ酸を混ぜて打設するもので、水域環境の活性、保全、修復が期待できます。
――海岸工事での作業は色々と大変そうですね
 以前は主に舗装や土木の現場を担当していたのですが、船を使っての作業など陸上とは大きく異なります。最も注意を払うのが海中での事故。潜水士の体調管理はもちろん、エアを送るコンプレッサーを入念に点検します。当たり前のことですが、空気が出なかったら死んでしまいます。助けに行くのも簡単ではありませんし。
――長洲港工事安全協議会の会長を務められています
 工事を請け負う池田建設、マルコ建設、信和建設とで協議会を立ち上げ、植樹帯や階段の清掃・草刈りなどボランティアに取り組みました。9月にあった長洲町主催の海岸一斉清掃にも参加し、手作業では無理な流木を重機とダンプで撤去しました。
 地元の長洲北部漁協とは、港内の船揚場の架台が錆びて腐れているいう話を聞き、新品の亜鉛メッキ支柱に交換しました。とても喜んでいただき、こちらも非常にうれしかったです。
――感想と今後の抱負を
 今後も色々なことを学び、社訓の「熱意・誠意・創意」を胸に新技術の活用や地元の要望に応え、また受賞できるような仕事がしていきたいです。

【工事概要】
 ▽場所/玉名郡長洲町長洲▽概要/海上地盤改良工8310立方b、基礎工28b、本体工一式、被覆工28b▽工期/平成25年3月22日〜10月31日。
<14年9月15日号3面>

◇土木部門◇
田の平川社会資本整備総合交付金(火山砂防)渓流保全工工事
林田春義氏(現場代理人)・山下和秀氏(主任〔監理〕技術者)
(株)吉田企業(宇城市)

――受賞の感想を
 発注者や近隣住民の方々のご指導・ご協力と、作業スタッフの努力により、無事に所期の目的を達成することができました。そのうえ、このような栄誉ある賞をいただき、喜ばしいかぎりです。
――力を入れられた点や苦労された点は
 山間部で河川幅も非常に狭い個所の渓流保全工でした。降雨時には河川が増水して土砂が下流側の国道に流れ込む恐れがあったため、常時排水では水中ポンプ1台で済むところを、非常時に対応できるようポンプを3台設置し、河川が氾濫しないよう安全対策を取りました。
 練積ブロック工の際は、作業スペースがあまり取れず、上流側から下流側へと各施工ブロック毎に順次施工しなければならなく、工期の大部分を費やすことになり、工程管理に苦労しました。
――評価につながった点は
 工事は、練積ブロックと軽量盛土工がメーンでした。その両方ともに仕上がり面の美観に努めたことと、出来形管理項目の目標値を規格値の50%以内に設定し、それが達成できたことではないでしょうか。
――経歴と今後の抱負を
林田 この業界に入って40年以上の間に土工事や港湾工事に携わってきました。今後も体力の続く限り、会社発展のために頑張っていきたいと思います。
山下 20歳で建設業に入り早くも30年になります。これまで港湾・河川・圃場整備など様々な工事を手掛けてきました。今後も更なるステップアップを目指し、精進していきたいと思っています。

【工事概要】
 ▽場所/下益城郡美里町早楠▽概要/係流保全工=施工延長75・2b、練積ブロック1073平方b、管理用道路75・2b、軽量盛土工966立方b▽工期/平成25年3月27日〜26年3月26日。
<14年10月27日号3面>

表彰者は次のとおり(敬称略)
表彰部門 発注機関 工事名 施工業者 現場代理人 主任(監理)技術者
農林水産 熊本農政事務所 梅洞地区農業体質強化基盤整備促進事業(経営体)第15号工事 他合併 丸成産業 下田 基成 村上 和明
梅洞地区農業体質強化基盤整備促進事業(経営体)第12号工事 葛繻 (非公表) (非公表)
菊池地域振興局 花房中部2期地区担い手育成畑地帯総合整備事業第13号工事 他合併 鰹助建設 (非公表) 同左
菊池管内治山激甚災害対策特別緊急事業(補正)第2号工事 糾竝ェ工業 栗原 達郎 同左
鹿本地域振興局 鹿本管内治山事業(補正追加)予防治山通常地域第11号工事 荒川建設 入江 昭二 同左
鹿本管内治山事業(地自交)予防治山通常地域第13号工事 荒川建設 入江 昭二 同左
漁港漁場整備課 塩屋漁港水産生産基盤整備(残土処理護岸(補)その3)工事 滑竕i組 甲斐 稔 佐方 良二
天草地域振興局 大江漁港地域自主戦略交付金(地域水産物)工事 他合併 椛b (非公表) (非公表)
土木 建築住宅局営繕課 天草高校女子寮棟その他機械設備工事 天草設備 村木 圭太 田中 好幸
宇城地域振興局 田の平川社会資本整備総合交付金(火山砂防)渓流保全工工事 葛g田企業 林田 春義 山下 和秀
阿蘇地域振興局 東手野川2災害関連緊急砂防(本堤)工事 叶X工業 中村 秋憲 若宮 誠二
玉名地域振興局 長洲港地方港湾改修(社会資本)工事 興亜建設工業 今田 亮一 同左
鹿本地域振興局 枝川内地域自主戦略交付金(急傾斜地)工事 旧ユ口建設 古田 武 同左
八代地域振興局 国道445号活力創出基盤交付金(改築)清水トンネル工事 鰹助建設 (非公表)
国道445号活力創出基盤交付金(改築)清水トンネル工事 椛b (非公表)
国道445号活力創出基盤交付金(改築)清水トンネル工事 滑竕i組 富田 鉄也
明治新田海岸海岸高潮対策水門改修(その2)工事 開成工業 石原 健亮 山本 真裕
芦北地域振興局 水俣広域公園(親水護岸改修その1)工事 他合併 坂田建設 河路 博 同左
天草地域振興局 本渡下田線防災安全交付金(舗装補修)工事 苓陽工業 阪本 元気 同左
国道266号防災安全交付金(舗装補修)工事 潟Zグチ (非公表) 同左
宮地岳本渡線防災・安全交付金(道路改良)工事 拒蜥ヒ建設 (非公表) 同左
国道266号広域連携交付金(舗装補修)工事 潟Iオマス (非公表) 同左
国道266号防災安全交付金(舗装補修)工事 潟Zグチ (非公表) 同左
下浦馬場線単県道路改良(道路改良)工事 拒蜥ヒ建設 (非公表) (非公表)
国道266号中の橋防災安全交付金(橋梁用防護柵)その1工事他合併 兜汢ェ建設 菅沼 秀暢 同左
国道266号広域連携交付金(舗装補修)工事 潟Zグチ (非公表) 同左
企業局 工務課 船津ダムテルハ設備その他塗装工事 叶テ岡塗装組 渡邊 貴士 同左

[目次]