施工業者20社、個人21人を表彰        平成18年9月7日〜10月12日新聞掲載
 熊本県は8月31日、県庁本館5階知事応接室で第1回熊本県優良工事等表彰式を行い、施工業者20社、個人21人を表彰した。
 潮谷熊本県知事(安田副知事代読)は「品確法が施行され、公共調達にあたってはこれまでの価格のみの競争から、価格と品質で総合的に優れた調達への転換を促進するとしており、今回表彰された皆さまの取り組みは、この法律の試行と相まって業界の模範となるもの。今後とも技術や現場管理能力の研鑽に努められ、安全安心な暮らしとあらゆる産業を支える社会資本の整備が進むことを望む」とあいさつ。受賞者に表彰状を贈った。
 対象となったのは、県内業者(JVを除く)が施工し17年度に完成した請負金額250万円を超える県発注工事約2600件。このうち、工事成績評定点が80点以上の工事約200件について内容を審査し、品質、施工管理、安全対策、高度技術、創意工夫、環境対策―の各部門ごとに、点数の上位者から順に優良工事を決めた。〈06年9月4日号2面〉

竃{山設備(熊本市) 
こども総合療育センター外来棟空調設備工事

安全対策(表彰部門) 佐々木博志氏(現場代理人・主任技術者)

――工事概要は
 外来棟(RC造2階建延べ2869平方b)の新築工事現場で、空気調和設備、換気設備、自動制御設備を施工しました。各部屋の空調機と換気扇はあわせて約100台設置。16年3月に着工、竣工は17年4月に竣工しました。
――安全対策部門での表彰ですが、特に力を入れた点や苦労された点は
 当たり前のことですが、日々現場の状況が変わる中で、今日の作業工程とそのどこに危険が潜んでいるかを朝礼で説明し、記録に残してから作業を始めました。
 この現場では協力会社を含め延べ約1900人が携わりましたが、いつも同じ人が作業するわけではないし、性格もさまざま。時にはおだてたりもしながら、毎日、口が酸っぱくなるほど安全への注意事項を言い続けました。
後では私の顔を見ただけで作業者が注意してくれる。動機付けはなんでもいいんですよ。安全への意識を持たせることが出来れば。
――これまでの経歴は
 平成12年に入社し、大牟田、本渡、八代での民間工事や役場庁舎、文科省発注工事などに携わり、今回の県発注工事で初めて代理人を経験しました。1級管工事施工管理技士の資格を取って10年になりますが、まだまだ勉強の毎日ですね。経験を重ねないと。
――今後の抱負を
 病院やマンション、美術館などいろんな用途の建物で経験を積み吸収していきたい。評価や表彰は後でついてくるものであって、終わった時に満足できるよう努力すればいいのかなと。100点満点はなかなか取れないけれど、それだけ奧が深いし、面白い。やりがいを感じる仕事です。それだけに自分が決めたことに対し妥協はしません。〈06年9月7日号3面〉

葛熏юン備工業(熊本市)
こども総合療育センター外来棟衛生設備工事
施工管理(表彰部門) 鳥井信一氏(現場代理人・主任技術者)


――工事概要は
 平成16年3月から17年4月までの約1年間で、外来棟のトイレなどの衛生設備工事や消火栓、スプリンクラーの設置をしました。
――施工管理での表彰ですが、特に力を入れた点は
 設備などは実際、使ってみないと分からないものですから、自分たちの判断だけでなく、利用者の意見も取り入れた施工を心がけました。
 熊本県が、ユニバーサルデザインに力を入れた施設でしたので、例えばトイレでも利用しやすいように、背もたれの部分をメーカーや利用者の方達と話し合って改良を重ねました。製品化したものを実際に子どもたちに座ってもらうなど、時間はかかりましたが納得のいくものに仕上がったと感じています。
――他に思い出などは
 ボランティア活動で、クリスマスの時期にサンタクロースに変装して、施設の子供たちとふれ合う機会がありました。そのおかげで、より一層、子供たちの目線に立って仕事をしなければと実感しました。
――現場代理人としてのこれまでの経歴は
 春日保育園、金剛小学校弥次分校、佐敷小学校など、学校関係における水回りの設備工事や、空調設備工事がほとんどです。また、施工後のメンテナンスにも力を入れています。
――今後の抱負を
 今まで以上に、使う人の気持ちになって仕事をしたいですね。8月で58歳になりましたが、まだまだ頑張っていきたいと思っています。〈06年9月11日号3面〉

兜ス松建設(芦北町)
小田浦川単県自然債河川改良工事
施工管理・環境対策(表彰部門) 太田二郎氏(現場代理人・主任技術者)


――工事概要は

 平成17年10月7日に、葦北郡芦北町小田浦地内を流れる小田浦川の護岸改修工事に着手しました。3カ所総延長106・3bを対象に、練積ブロック343平方b、かごマット138平方b、人道橋設置(1式)を実施。平成18年3月15日に竣工しました。
――環境対策部門の表彰ですが、施工を行う上で配慮した点、苦労した点は
 河川工事ということで環境面では特に配慮しました。施工前には魚の生態観測を実施し、施工中も週2回の水質調査は欠かさず行いました。地元の方々は田畑で使用する水への影響を心配されていましたので、現場事務所に水質調査結果を掲示したり、話し合いをするなど連携をとりながら工事を進めました。
――これまでの経歴は
 入社して13年が経ちます。平成7年に1級土木施工管理技士の資格を取得し、芦北管内をはじめ数多くの工事現場で現場代理人として頑張ってきました。最近は、総括的な業務が主となっていますが、これからも現場に足を運び、技術力の向上に努めたいと思っています。
――今後の抱負を
 この表彰を励みに、今後も一生懸命仕事に取り組みます。また、私だけでなく他の社員も表彰されるよう、これからも社員が一丸となって、地域貢献を第一に、丁寧で信頼される仕事をしていきたい。〈06年9月14日号3面〉

樺内土木(宇城市不知火町)
施工管理、品質(表彰部門)
野田 徹氏(主任技術者・現場代理人)

――工事概要は
 不知火町永尾地内の施工延長208bの護岸工事です。護岸には、基礎捨石、基礎被覆石、護岸堤工(重力式擁壁)、ボックスカルバート、天端コンクリート舗装、U型側溝―を施工しました。平成16年10月から17年8月までの工期でした。
――施工する上で気づかいはありましたか
 現場が海岸だったので潮の干満への対応に追われました。その上、河川もあったためポンプアップなどの水対策がやっかいでした。海苔養殖の漁場もあり、生コン打設が制限されましたので、気をつかったのは工程管理でしょう。
――この現場で特にこだわったことは
 部材となる捨石は、採石業者と連携し、大きさや形などを吟味しました。品質では、どこにも負けないようにしたことですか。
――27年のキャリアだそうですが
 11年の台風災害以来、復旧工事も含めて永尾海岸に携わってきました。そのせいか反省点をすぐに現場に反映することが出来、より念入りに施工したことが受賞につながったような気がします。
――今後の抱負をお願いします
 安全管理はこれまで通り気を引き締め、近隣対策についても迅速に対応していきたい。現場ではコミュニケーションを密にして、若手の技術者に対しては、これまでの経験を生かし適切なアドバイスを心掛けています。〈06年9月18日号3面〉

叶ツ木工務店(山鹿市菊鹿町)
合里・山内地区農業集落排水事業第1号工事
施工管理、創意工夫(表彰部門)
春口浩三氏(現場代理人・主任技術者)


――工事概要は
 山鹿市鹿央町の現場で、汚水処理施設の土工事・基礎工事・躯体工事などを施工。処理槽をつくるために地下約6bまで掘削しました。着工は平成16年10月、竣工は18年1月です。
――施工管理と創意工夫での表彰ですが、特に力を入れた点は
 ISOを取得し、より厳しい基準での施工に取り組んでおり、施工管理については、自社の管理基準値に収めることを目標に、現場での作業の徹底に努めました。また、工期間際にあわてなくても済むよう定期的に工程を管理し、無事故無災害を心がけました。
 創意工夫については、水槽を築造する時に、コンクリートの打ち継ぎ目を特に入念に施工するよう細心の注意を払うとともに、湧水を汲み出しながらの作業になるため、汚れた水を河川に流さないよう配慮。工事以外にも、近隣のカーブミラーやガードレールを定期的に清掃しました。工事期間中は地域の方に迷惑をかけますので。
――これまでの経歴は
 この仕事に携わって27年。国交省の工事や農業土木など、ほとんどの業種を経験しました。地図に残る仕事なので、これまでに手がけた施設を見ると感慨深いものがあります。
――今後の抱負を
 チームワークを大切に、みんなの力と想いを一つしてから作業に取り組みたい。当たり前のことを当たり前にやっていれば結果は自ずとついてくるもの。土木という商品をお客様である県民に届け、皆様から喜んでもらえるよう、責任を持って一生懸命、がんばります。〈06年9月21日号3面〉

渇コ村組(阿蘇郡西原村)
大津南部地区農免農道整備事業第51号工事
施工管理、品質(表彰部門)
上尾哲也氏(主任技術者・現場代理人)


――工事概要は
 阿蘇郡西原村鳥子地内で、農道の新設に伴う暫定切土と暫定盛土を行いました。延長は切土が160b、盛土が88b。扱った土量は5万5800立方bにのぼりました。17年6月に着工し約9カ月間の施工期間です。
――特に力を入れた点は
 ほとんどが土を扱う作業でしたので、土の変化≠ノは注意深く対応しました。例えば、法面部分の切土は、土や岩の種類によってカットする傾斜角度も違いますし、もし判断を誤れば、崩落や地滑り等の災害にもつながります。
 また、切土で剥ぎ取った土は、盛土にそのまま利用するため、路体として適しているかどうかの土質試験を何度も実施しました。他工事から搬入した土も同様に試験しており、土に目を凝らした9カ月間でした。
――これまでの経歴と、仕事上心がけていることは
 現場代理人としては15年のキャリアになります。今回の受賞工事に限らず、どの工事でも同じですが、まずは、地元住民、監督機関、施工者の3者の相互理解が一番大切。トラブルがあっては工事は進みません。綿密な協議を行い、地元住民に対しては工事内容のパンフレットを作成するなどして、工程がスムーズに進むよう努力しています。
――今後の抱負を
 私たちが手掛ける工事は、お客様に提供する大切な製品と考えます。まだまだ携わったことのない仕事もありますので、新しい技術の勉強も含め、日々邁進し、喜ばれる製品を作っていきたいと思います。〈06年9月25日号3面〉

大仁産業梶i南小国町)
南小国西部4期地区農免農道整備事業第1号工事
品質(表彰部門)
中村淳也氏(主任技術者・現場代理人)


――工事概要は
 阿蘇郡南小国中原町地内の農道新設で、施工延長は295b、幅員7bです。作業内容は、下層路盤2081平方b、路床置換1186立方b、横断暗渠30b、牛馬道12・2b。平成17年6月から同年12月までの工期でした。
――品質での表彰ですが、施工を行う上で配慮した点、苦労された点は
 どの現場でもそうですが、施工を行う上で一番の敵は雨=B土砂崩壊を招かないよう排水対策を十分に考慮しながら施工し、品質を確保しました。梅雨時期は寝る前に思い出してしまうほど、特に気を使いました。
 環境面での配慮も行いました。施工区間内に、アソノコギリソウやヒロハヤマヨモギ等の希少植物が生息していましたので、生態系を崩さないよう用地外に移植しました。
――現場代理人としてのこれまでの経歴は
 入社18年目です。一級土木施行管理技士を平成13年に取得し、これまで治山、道路改良、農免農道などの工事現場に携わってきました。現場代理人としてのキャリアは社内で一番長いんですよ。
――今後の抱負を
 今回の受賞は、大変恐縮していますが、当たり前の事を当たり前にやっただけだと思っています。今後もこの気持ちを忘れず、地域に役立てる仕事をしていきたい。〈06年9月28日号3面〉

葛g田企業(宇城市三角町)
手場海岸建設海岸高潮対策工事
安全対策(表彰部門)
神保昌典氏(主任等技術者)、畑尾憲治氏(現場代理人)


――工事概要をお願いします
 神保 宇城市三角町の手場海岸で高潮対策工事を施工しました。沖合90bに離岸堤を設けたもので、捨石・被覆石均し1万5547平方b、消波ブロック製作据付104個、突堤移設1式が主な内容です。
――安全対策での受賞となりましたが
 畑尾 作業前の危険予知(KY)活動を徹底しました。朝礼では職長ばかりでなく、作業員一人ひとりが持場での注意事項を発表し、問題点を明確にしたため、安全意識の高揚につなげることが出来ました。
 神保 朝礼での発表は我が社の全社的な取り組みでもあります。大規模な工事だったので、それだけ危険も増えます。KYへの取り組みをキッチリやったことが評価されたのだと思います。
――キャリアをお聞かせ下さい
 神保 私が入社8年目、畑尾が7年目です。3年前、同時に1級土木施工管理技士の資格を取ることが出来ました。お互い入社当時から道路公団や国土交通省の工事で監督見習いをやっていましたので、その経験が活かされています。
――息もぴったりのようですが
 畑尾 私はあくまでも神保さんのカバー。ただ、二人で現場を管理することで、隅々まで目が届いたことは良かったと思います。打合せや周辺対策など役割分担も上手くいきました。
――今後の目標は
 畑尾 会社がISOの認証を取得し、品質管理や環境対策をやっていますので、そういった方面でも認められるような仕事をしたいと思います。
 神保 これまでの経験を活かし、広い視野で現場を見ることができるよう管理業務をやっていきたい。畑尾や他の技術者とも切磋琢磨しながら技術の向上を目指します。〈06年10月2日号2面〉

開成工業梶i植木町)
大開2期地区湛水防除事業第6号工事他合併
安全対策、創意工夫(表彰部門)
山本洋士氏(主任技術者・現場代理人)


――工事概要は
 玉名市天水町部田見地内の排水機場に除塵機(W4・2b、H3・65b)2基を設置する工事です。平成17年9月に着工し、18年3月に竣工しました。
――施工する上で気づかいはありましたか
 発注者との綿密な打合せを心懸けたことですか。例えば、福岡県で発生しているステンレス盗難事件の対策についてじっくり協議し、工事でステンレス材を使用する際にボルトを溶接するなど、盗難防止につなげました。安全面には特に注意を払っています。作業場所が水面から3b以上高く、コーンだけでは危険だったので、鉄柵を設置しました。
――この現場で特にこだわったことは
 電飾防止材の使用です。現場には、海水と淡水が混ざり合った汽水が流れており、錆が生じやすいため、耐久性を高めようと採用しました。緊急停止用ワイヤーの設置もこだわった点です。除塵機のゴミを排出するベルトコンベアに人が挟まれたりしないよう全体にワイヤーを張り巡らせました。
――これまでの経歴は
 平成2年に入社し、6年に1級土木施工管理技士を取得しました。設計部に所属しているため、普段は図面を引いていますが、年に一回は現場を担当しています。
――今後の抱負を
 この賞を励みに今後も一生懸命仕事に取り組み、発注者や地域の方々に喜ばれる仕事をしたいですね。〈06年10月9日号3面〉

叶剿{建設(阿蘇市)
黒川都市広域基幹河川改良工事他合併
施工管理(表彰部門)
山本喜久男氏(主任技術者・現場代理人)


――工事概要は
 白川水系黒川中流部の阿蘇市狩尾地区に遊水地を新設する工事です。内容は、掘削14万9806立方b、盛土2576立方b、切土法面6556平方b、盛土法面7062平方b、L型擁壁72b、排水工210b―など。16年11月に着工し翌年の6月に竣工しました。
――特に力を入れた点は
 当社のISO品質マネジメントシステムでは、着工前会議を3回行います。安全・施工・品質・社会貢献・原価管理などの綿密な検討は欠かせません。施工にあたっては、土工が主でしたので、無駄な掘削・運搬を少なくするよう努力しました。具体的には、CAD+トータルステションによる3次元測量を行い、正確で迅速な丁張仮設を実施。結果、無駄なく、仕上がりも設計図に沿った良いモノが出来上がったと思います。
――これまでの経歴は
 建設業界に入ったのは33年前。現場代理人は28年務めています。第2空港線の道路新設工事、国体道路の東西線工事など手掛けました。どれも思い出深い工事ですね。
――今後の抱負を
 受賞は会社のバックアップと、協力業者の質の高い施工力の賜。これからも当社のISO品質方針「より安全に、より質のよいものを」のもと、日々精進していきます。また、後輩の指導にも励み、1人でも多く一人前の技術者が生まれるよう育成していきたいと思います。〈06年10月12日号4面〉

今回表彰者の部門ごとの内訳は、品質5件、施工管理11件、安全対策7件、創意工夫4件、環境対策1件。高度技術は該当が無かった。表彰者は次のとおり(敬称略)
会社名 会社所在地 主任等技術者 現場代理人 表彰部門 工事名・発注機関名
(株)中内土木 宇城市不知火町 野田徹 野田徹 施工管理、品質 永尾海岸建設海岸高潮対策工事・宇城地域振興局
(株)吉田企業 宇城市三角町 神保昌典 畑尾憲治 安全対策 手場海岸建設海岸高潮対策工事・宇城地域振興局
開成工業(株) 植木町 山本洋士 山本洋士 安全対策、創意工夫 大開2期地区湛水防除事業第6号工事他合併・玉名地域振興局
(株)青木工務店 山鹿市菊鹿町 春口浩三 春口浩三 施工管理、創意工夫 合里・山内地区農業集落排水事業第1号工事・鹿本地域振興局
(株)杉本建設 阿蘇市 山本喜久男 山本喜久男 施工管理 黒川都市広域基幹河川改良工事他合併・阿蘇地域振興局
(有)志賀建設 産山村 - - 創意工夫 南小国波野線緊急地方道路整備(道路改良)工事・阿蘇地域振興局
(株)日本法面土木 熊本市 岩元創 岩元創 施工管理、品質 大津南部地区農免農道整備事業第53号工事・阿蘇地域振興局
(株)下村組 西原村 上尾哲也 上尾哲也 施工管理、品質 大津南部地区農免農道整備事業第51号工事・阿蘇地域振興局
大仁産業(株) 南小国町 中村淳也 中村淳也 品質 南小国西部4期地区農免農道整備事業第1号工事・阿蘇地域振興局
肥後技研(株) 熊本市 大村正治 大村正治 安全対策 稲生野甲佐線緊急地方道路整備(舗装新設)工事・上益城地域振興局
(資)吉永建設 八代市 本梅辰也 本梅辰也 施工管理、安全対策 八代管内復旧治山事業通常地域第11号工事・八代地域振興局
(株)平松建設 芦北町 太田二郎 太田二郎 施工管理、環境対策 小田浦川単県自然債河川改良工事・芦北地域振興局
坂田建設(株) 水俣市 江口卓也 江口卓也 施工管理 湯の児海岸建設海岸高潮対策工事・芦北地域振興局
(株)坂口組 水俣市 竹内豊 竹内豊 施工管理 湯の児海岸建設海岸高潮対策工事・芦北地域振興局
吉海建設(株) 水俣市 平岡一喜 平岡一喜 施工管理 旧山川単県砂防(自然災)工事・芦北地域振興局
(株)木崎建設 芦北町 屋林深 屋林深 安全対策 湯の浦川15年発生災害関連工事・芦北地域振興局
(株)神崎建設 湯前町 東良二 東良二 品質 球磨管内復旧治山事業通常地域第30号工事・球磨地域振興局
(株)藤本組 天草市 菅原晃石 池田正弘 安全対策、創意工夫 国道324号地域連携推進改築(上津浦IC土工その2)工事・天草地域振興局
(株)本山設備 熊本市 佐々木博志 佐々木博志 安全対策 こども総合療育センター外来棟空調設備工事・営繕室
(株)金剛設備工業 熊本市 鳥井信一 鳥井信一 施工管理 こども総合療育センター外来棟衛生設備工事・営繕室

[目次]