関連記事:県造園建設業協会平成16年1月22日新聞掲載
【協会員75人参加し電子納品研修会】
 (社)熊本県造園建設業協会(白川和隆会長・131社)は15−16日、電子納品研修会を行い、定員を大幅に上回る65人(49社)が受講した。
 熊本県がCALS/EC導入に向け基本目標や期間を定めた基本構想素案を発表。20年度に本格運用されることから、協会員のレベルアップを図ろうと初めて企画したもの。
 国と県の電子納品の現状を講師がわかりやすく解説し、その後、パソコンを実際に操作しながら書類や工事写真、完成図面などの作成を四時間にわたって体験した。

[目次]